「ほっ」と。キャンペーン
福島市でペットを飼ってる方々へ



暗い話題です。



実はうちでワンちゃんも飼ってます。
2匹のうち1匹が夕べ天国に行きました。
長女がまだ半年の赤ちゃんだった頃にうちに来た「セブン」
15歳半で大往生でした。



うちから離れた場所に小屋があって
そこまで行くのに私が苦手なこともあって(ジャングルみたいに草ボーボーな道のり)
ほとんどオヤジが世話をしてます。




数日前に、いよいよセブンが亡くなりそうだとオヤジから聞き
昨日はオヤジが仕事で不在の間、何度か様子を見に行きました。




そこで思ったこと。
冷たいようだけど実際問題、変な時に亡くなったらどうしよう?でした。




30キロちかくあるので私にはどうしようもできません。
ペット葬祭などの業者に頼むお金もありません。
なんとか「あぶくまクリーンセンター」の小動物の窓口まで連れていかなければいけません。
でもそこの窓口は平日のみ(受付終了4時半)なので
オヤジは仕事中で無理。私が連れていかなければいけません。




オヤジがいない時に亡くなったら
どうやって小屋の囲いから出して
どうやって天国に行く支度をして
どうやって車に積む??
近いうちに富士演習場に訓練にいくみたいだしどうしよう。




そして今は夏。
夕方以降や、土日に亡くなった場合
どんどんすすむ腐敗はどう対処すればいい??





数日、そればっか考えてました。





そうだ!!ドライアイスだ!!と思いつき
福島製氷さんに電話をしてみたら平日だけの営業とのこと。
「ワンちゃんが亡くなりそうで、でもそれが日中かもしれないし、
夜かもしれないし、土日かもしれない。どうしたらいいものか」と
相談してみました。そしたら
「葬儀屋さん相手にお売りするような手段でよろしければ、
事務所は無人でもいつでも開けてある場所があるんで
そこからドライアイスをお持ちになって結構ですよ。
お金はあとで持ってきてくださればいいです。」ということでした。



この言葉に安心して涙が出ました。



福島製氷さん、行ったことがないので
方向オンチの私は明るいうちに場所の確認と挨拶も兼ねて
昨日の夕方行って来ました。
社長さん(かな?)がいらっしゃって いろいろと親切に教えてくださいました。
日中に私が電話で事務員さんに相談したこともちゃんとわかってらっしゃいました。



夜中や土日の誰もいない時に取りに来た場合、
灯りはつけておくよ、やけどしないように軍手おいておくよ、
ここに持ってった数量をメモしていってね、
車はこっから入って、倉庫にはこっから入って、
ドライアイスはこうやって取り出し、この袋に入れて持って帰ってとか、
30キロのワンちゃんだったら何キロ必要で、いつまでもつか、どの場所に当てたらいいか
薄利なのに、親身になって教えてくださいました。
こういう会社があるんだ。心強い。感謝です!!




あとは火葬するまでの手段。
友達に相談したら
「どうしても自分で連れていけないときは、引取りに来てもらえるから市役所に聞いてみ~」
とのことでした。相談して良かった。



早速問い合わせてみたら
「原則としてはクリーンセンターまで連れてきていただくのですが
大型犬で動かせないとか、車がないとか、どうしても無理な場合はこちらから伺います。
午前中に連絡いただければ、当日の午後に伺います。
費用は火葬代2000円(犬の場合)、骨壷代500円で計2500円です。」
これを聞いてちょっと安心しました。




そして夕べ、セブンはオヤジが帰ってくるのを待って7時半頃亡くなりました。
オヤジが天国に行ける様に支度を整えてる間、
私はドライアイスを調達しに誰もいない福島製氷さんのドライアイス倉庫へ車を走らせました。
《ちなみに調達したドライアイスは4キロ(1キロ400円を4個)で今日の午後までもつそうです》



帰りの車の中で
「セブン、今までありがとう。最後までよく頑張ったね。そして旅立ちが今でありがとう。」と
何度も思いました。
そして大変な作業を1人で黙々とこなしてくれたオヤジに感謝です。
こういう一面もあるんだと見直しました。




今日は長男の学校が休みなので
長男に車にお棺を乗せるのを手伝ってもらって
クリーンセンターに行ってお別れをしてきたいと思います。



福島のみなさん、
もしものときはドライアイスは福島製氷さん、
連れて行くのが困難だったら福島市役所に相談すれば大丈夫です。




暗い話題なので書かないつもりでしたが
知ってた方がお役に立てるかもしれないと思ったので書きました。
[PR]
by mika-suzuki24 | 2010-07-02 05:50 | cat & dog
<< ブルーベリー ラタトゥイユ >>